FC2ブログ
性同一性障害(GID)の記録と日々の往復書簡的blog~妊娠(AID)・出産・育児などなど
 保険証、免許証などなどなど
2007年08月07日 (火) | 編集 |
審判結果が戸籍へ反映されるには、8/15まで待った。

8/3(金)に通達が来て、8/6(月)には市役所へ行ったのだが、”裁判所からの書類が市役所へ届き、それから変更が行われる”との事だったので、その知らせが来るまで待っていた。(通常は来ない。イオは『色々な書き換えがあるので、抄本を取りに来る。取れる状態になったら電話して欲しい』と伝えておいたのだ)

酷暑の中市役所へ来る人も少なく(お盆だったからというのもあるか・・)、抄本はスムーズに受け取れた。
戸籍はどうなるのかと言うと、自分が筆頭者になる(家族の戸籍からは抜ける)状態。
結婚して抜ける状態とやや似ているか。

保険証はどこで変えて貰えばいいかと聞くと、直ぐに印刷し直して、以前のと交換しますとの事だった。簡単すぎて拍子抜け。
保険証は持ち歩いていた方が良い。

免許証の方は、警察署へ。
免許証自体には性別欄は無いけれど、免許証の原本には性別欄があるので、そちらを変える手続きを行った。
直ぐにでも免許証自体を変えたい人は、実費を払って申請すれば数週間後には新しくなる。

でも名前の変更の際には、新しい名前の自分と、以前の名前を繋ぐ手立てが『古い免許証の裏表』しかないので、下手に新しくしてしまわないようにした。
この証明は、平成18年3月に改名出来た後、今もタマにしなければならないので面倒だ。
まだ以前の名前で登録してあり、そのまま動いているシステムの何と多い事か。

因みに、次の免許証更新の際には、自動的に新しい名前になる。

後は国民年金が心配なので、問い合わせて見なければ。
スポンサーサイト




 審判結果
2007年08月03日 (金) | 編集 |
家庭裁判所で言われた『アンケート』のような物は、結局来なかった。
『特別送達』と判が押され、1050円分もの切手を貼った薄い茶封筒が届く。

中には2枚の紙。
この審判書謄本を受け取った日から、効力が発揮されるとの旨、そして『性別の取り扱いの変更審判申立事件』の審判結果が入っていた。

主文には一言、
申立人の性別の取り扱いを女から男に変更する。
とあった。

3年と5ヶ月前に始まった、1stメンタルクリニックへの通院。
2nd、乳房除去、3rd、そしてSRS(性別適合手術)まで、長くて暑い治療だった。(何故か手術は季節柄が良い時期が多く、ひたすらメンタルクリニックへ通う日々は、暑い時期が多かったように思う…川越が特に、暑かったからだろうか)

関わってくださった全ての方、そしてずっと支え続けてくれた莉子に大感謝。

 家庭裁判所へ
2007年07月12日 (木) | 編集 |
明日行こうと思っていた家庭裁判所に、確認の電話を入れたところ、「金曜日は審議官がいないので、出来れば今日。または来週の火曜日以降(月曜は祝日の為)来るように」と言われる。
必要書類はネットで調べて知っていたので、「先ずはその説明をするので来て下さい」、という手間は省けた。

午前中なら空いていたので、急いで市役所で戸籍謄本や住民票を取り、家裁へ駆けつける。
申告書を書き、切手や印紙を渡し、少し待って審議官(改名の時は男性、今回は女性だった)と簡単な面接をした。
特に深い事を聞かれるでもなく、淡々と話して十数分で終了。

自宅に帰り、着替えてから仕事へ戻ろうとした時に、家裁の受付から電話が来た。
『改正原戸籍』というものも1通必要だったようで、後日送ってくれとのこと(翌日、金曜日に送った)。

今日の内容は横浜の裁判所に送られ、裁判官が決定する。
大体1週間から数週間で出るそうだけれど、月曜が休みということもあり、また用件によって審査する裁判官も違えば、その裁判官の忙しさも違うので、一概に「○○日で結果が出ます」というような事は言えないそうだ。

恐らく今月一杯は掛かるだろう、もしかすると裁判所からアンケートのような用紙が届くかも知れないので、来たら書き込んで返送するようにと言われた。

今月か・・・。
決定通知が来たら市役所や警察署へ行き、個人情報の書き換えに奔走しなければ。

 書類受取&2ndサイン受領
2007年07月06日 (金) | 編集 |
書類を受け取りに”あべメンタルクリニック”へ。
色々話しながら最後の確認をし、(裁判所へ提出する書類なのでクリニックで確認をし、それから清書をして貰った)受け取った後、”2人目の医師のサインを受け取りに”かわごえクリニック”へ行かなければならないんですよね?”と一応聞いてみると、呆気なく
「行ってもいいけど、2ndの高木先生でもいいよ」との事。

高木先生なら、ここ浦安の目と鼻の先、新浦安じゃないか!!
直ぐに電話して、直ぐに駆けつける。
十数分待ちでサインをして頂いた…ああ、川越まで(しかも8月までに2回も)行かなくて良くなって本当に嬉しい。

これで医療系の書類が全て揃ったので、これから戸籍等の書類と共に家庭裁判所へ提出、審議官?との面接、という行程が待っている。
今日初めて千葉まで一緒に来てくれた莉子と、この大きな一歩を心から祝いたい気分。

 性別変更の書類集め アベメン
2007年06月22日 (金) | 編集 |
前回もって来るようにと言われた書類2点と、念の為今までの書類を全て持参して行った。
やはり、前回言われた書類だけでは少し不足かも…という事だったので、胸を撫で下ろす。
こう言っては何だが、阿部先生の診察の癖を掴んだ感じだ。

再来週には書類が出来るとの事なので、それにもビックリだ。
前回は「今待っている人が13人いるんだから、13週は待たなきゃ…イヤそれは長過ぎるにしても、書類が全て出来上がるのは7月の終わりだね」と言われていたのだった。
遠かったものが一気に近くなったのだから、文句を言う筋合いではない。

6/25に埼玉の”かわごえクリニック”へ電話し、7/6以降に書類が出来る旨を伝えると、今度は何故か「書類を見た当日には、サイン出来ない」との事…前回聞いた時には
「30分位待っていて貰えれば、確認してサインしますよ」
と言われたのに…何故毎回こうも対応が違うのだろうか。

気を取り直し、書類にサインをして貰った物を受け取りに行く日を8/14に予約した。
そこが1番早かったのだ。
その前に、書類だけ一旦届けに行かなければならないとの事だ。

次回は7/6、全ての書類を受け取りに来る。