FC2ブログ
性同一性障害(GID)の記録と日々の往復書簡的blog~妊娠(AID)・出産・育児などなど
 LADY GAGA @ 横浜アリーナ
2010年04月18日 (日) | 編集 |
LADY GAGA monsterballtour@Yokohama
ずっとずっとずっと、今日のこの日を楽しみにしていました!!
もう、首の痛みもなんのその!
完全燃焼で楽しんできました

あの人は、まさに生きるアートですねぇ。

夜なのに、なぜか『こんにちは』と言うガガたん
神奈川だけど、『Thank You TOKYO!!』と叫ぶガガたん
日本人的には完全に小林幸子だったガガたん

それもこれも全部素敵でした。

新しいアルバムも殆ど完成しているそうで、また来年来てくれるって言ってくれましたよ。
本当に楽しみ。
『なりたいと思っている自分になれる』と信じて、頑張ります

SYTYCDのマーク・カネムラも大活躍!
メイクのせいか室伏選手に見えない事もなかったけどねぇ。
スポンサーサイト




 ケルティック・クリスマス
2007年12月16日 (日) | 編集 |
よこすか芸術劇場でおこなわれたコンサートに行って来ました。


こんなにワクワクして体がムズムズして、動き出したくなるコンサートは初めてでしたねぇ。座って見ていただけなのに、無意識にリズムを取り続けて居た足が痛いです(^_^;)


TREADはアイリッシュハープとフィドルとギター、更にアイリッシュダンスとオタワヴァリーダンスのユニットです。音楽だけでも素晴らしいのに、目にも止まらぬ足技にはついつい口が開きっぱなしになってしまいました!!!本当に凄いんだよ。
TREAD
オタワヴァリーダンスって全く知らなかったんだけど、アイリッシュダンスとタップダンスのミックスで、もう膝下は軟体動物の様に動くんです。
日本でまたこのダンスを見るには、何処に行けばいいのでしょうか?!


第2部ではアヌーナの歌声が素晴らしかったです。今までCDでしか聞いたことが無かった歌を生で聞くと感動します。
何だか不思議な振動に包まれているみたいな感じがしました。


あぁ、歌って素敵。


気は早いけど、また来日して下さい( ̄Θ ̄)

 今更ながら
2007年06月03日 (日) | 編集 |
もう随分前の歌の様な気がしますが、宇多田ヒカルさんの『誰かの願いが叶うころ』が好きです。
なんだかじっくり聴き入ってしまう1曲です。
洋楽って実はあまり聴かないんですよねぇ。英語の意味がスラスラ聞きながら理解できないので、耳から脳に伝わってストンと落っこちてくるのに、長い時間が掛かってしまうんだなぁ。

日本語の歌詞は気持ちに届くまでのタイムラグがないので、すとんと落っこちてきて、しっくりくる場所にぴたっとはまってくれる。

 IL DIVOに思う日本人
2007年01月31日 (水) | 編集 |
昨日東京国際フォーラムでのIL DIVOのコンサートを観に行ってきました。

IL DIVOさんで~す

気分的にはクラシックのコンサートに出掛ける様な気持ちでしたので、もちろん服装もいつもとは少し変えてみたのです。が、実際始まって見ると案外popなコンサートっぽい会場の雰囲気にビックリしてしまいました・・・。ペンライトって本当に久し振りに見たよぉ。

事前にDVDとかをチェックしておいた方が良かったのかな?!

日本語でメンバー紹介をしてくれたり、分かりやすい英語を話してくれたり。もちろん歌も素晴らしく、生で体験できたのはとても貴重で素晴らしい体験でした。

それにしても昨日は暖かい1日で、長いコートを着ていったのですがちょっと邪魔な感じがしてしまいました。
今月は美輪明宏さんの音楽会にも行きましたし、良い音楽や美しいものをその場で体験するのはとてもよいことですよねぇ♪
[READ MORE...]
 音楽会『愛』@神奈川県立県民ホール
2007年01月16日 (火) | 編集 |
以前、イオが美輪明宏さんの音楽会を拝聴し、いつか私もと誘ってくれました。
ちょっと前までの私は、光を見て眼を反らす様な感じだったのか、どうも美輪明宏さんを勧めてくれる相方に反抗ばかりしていたんです。音楽会が近付くにつれて、緊張と言うか何と言うか、不思議な気持ちになっていました。数日前には江原啓之さんが夢に現れた位ですよ。

音楽会は本当に素晴らしいものでした。
歌はもちろんですが、立居振る舞い、衣装、舞台背景、歌の間のお話、そのどれもが素晴らしく、3時間があっと言う間の出来事でした。

極上の月夜』で以前『愛の賛歌』を聞いた事がありましたが、生で聴くのとでは大違いですよ!感動しました、涙が止まりませんでした。会場はスタンディング・オベーション、拍手の嵐でしたが、私はあまりにも感動し過ぎて、涙がボロボロ流れてしまいました。拍手も出来ない位に泣き続けていました。

普段はCDでしか聴けませんが、生の舞台を観る機会が今後もあると嬉しいです。
誘ってくれたイオに本当に感謝。