FC2ブログ
性同一性障害(GID)の記録と日々の往復書簡的blog~妊娠(AID)・出産・育児などなど
 第22回ウーマンズウィークエンド
2009年08月08日 (土) | 編集 |
第22回Woman's Weekendに参加します。
性同一性障害についてお話する機会を頂きました。仕事の都合もあり、お話させて頂くのは10/12(月)に1回のみです。
実際に性別変更したのが数年前ですので、現在のGIDの治療の状況とはずれがあるかもしれませんが、自分の性別に違和感のある方の参考になればと思います。

詳しくは下記のサイトを参考にして下さい。

◆開催日
2009年10月10日(土)、11日(日)、12日(月・祝)
◆会場
国立オリンピック記念青少年総合センター
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3-1
※イベント内容について、会場への直接のお問い合わせはご遠慮下さい。

第22回ウーマンズ・ウィークエンド:http://www.geocities.jp/wwe_tokyo/


スポンサーサイト




 オフィス然nature第3回講演会のお知らせ
2008年06月28日 (土) | 編集 |
下記の内容で講演会が行われます。
当方にコメントして情報をお寄せいただいたものですが、とても有意義な講演会だともいます!
お近くの方、ご興味ある方は是非参加して下さいね!!!

オフィス然nature第3回講演会のお知らせ

~道東地方で活動する性同一性障害に関わる自助支援団体~COMらっどの活動報告
一部…僕がGID社長になった理由(わけ)~COMらっど 理事 小幡直輝
二部…COMらっどの活動から~COMらっど 理事 工藤理恵
一部…性同一性障害者と公表している小幡直輝理事が、なぜ代表取締役社長になったのか、自分の思いを語ります。
二部…COMらっどの事務局として活動している工藤理恵理事が、COMらっどの設立からの活動報告を行います。

★プロフィール
COMらっど…北海道十勝釧路地方で活動する性同一性障害に関わる自助支援団体。COMらっどという団体名は、comradeから由来し、同志という意味
があり、今流行のCOMという言葉とらっどをひらがなにし皆様に親しみやすい名称とした。2006年4月10日に発足。現在、会員は、十勝・釧路・札幌
・東京を含め、12名。主に地域を中心とした性同一性障害の理解促進に努め、性同一性障害者が地元で自然に生活できることを目指し活動中。
団体設立時より、おびねっと(男女共同参画帯広ネットワーク)に加入。地域での講演会を行い、性同一性障害者の性別の取扱いの特例に関する法
律の改正及び性同一性障害の治療に関する健康保険の適用を求め、署名活動を行い、内閣総理大臣・厚生労働大臣へ提出した。

小幡直輝…1974年生まれ。16歳から身近な友人や母親に性同一性障害であることを打ち明ける。2005年6月から札幌医科大学において治療を開始。
2006年2月同病院よりFTMTSの診断が下り、同月、現在の直輝に改名。「COMらっど」発足時より理事となり、教職員やPTAなどの学校関係を中心に講
演活動を行っている。2005年10月より有限会社だいち代表取締役社長に就任。

工藤理恵…1972年生まれ。「COMらっど」発足時より理事となり、団体の事務局的役割として、講演会の企画運営、団体の運営を行っている。2006
年4月より特定非営利活動法人くしろ・わっと正会員。2007年10月より特定非営利活動法人プロジェクトくしろ理事。


日時:2008年9月20日(土) 午後6時30分開場 午後7時開演(講演自体は一時間半ほどです)

場所:総評会館
〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台3-2-11
http://www.sohyokaikan.or.jp(詳細な地図はここに載っています)
【交通機関】
● 地下鉄
丸ノ内線/新宿線をご利用の方は地下道を通り、千代田線方面へ
★東京メトロ千代田線  新御茶ノ水駅  B3出口 (徒歩0分・目の前です!)
東京メトロ丸ノ内線  淡路町駅  B3出口 ※ (B3出口まで徒歩5分)
都営地下鉄新宿線  小川町駅  B3出口 ※ (B3出口まで徒歩3分)
※B3a出口は、違う方向へ出ますのでご注意ください。
● JR
JR中央線・総武線  御茶ノ水駅  聖橋口 (徒歩5分)

参加費:1000円(税込)

●事前申込は必要ありませんが、航空機の遅れなど諸事情で中止・変更があった場合に、事前に知らせを受けたい方は、当日に連絡の取れる携帯電
話番号または携帯メールアドレスその他をお知らせいただけましたら、必ず間に合うようにお伝え致します。
様々なお問い合わせにつきましても以下で承ります。

電子メール ftmjapan@mve.biglobe.ne.jp(いつでもOKですし、お返事は迅速です)
郵便  〒123-0845 足立西郵便局留 FTM日本(9/17まで。お返事は1日から8日くらいかかることがあります)

主催 オフィス然nature
共催 FTM日本 
協賛 COMらっど


★どうかこちらもご覧ください!↓
虎井まさ衛の閲覧室



 [講演会のお知らせ]どうなる!これからの性同一性障害医療
2007年11月19日 (月) | 編集 |
【どうなる?!これからの性同一性障害医療】

日時:2007年11月25日(日曜日) 14時~18時 (開場 13時30分)
会場:南部労政会館 第5・6会議室
公演:埼玉医科大学 かわごえクリニック ジェンダークリニック 塚田 攻 さま
    岡山大学大学院 保健学研究科 教授 中塚幹也 さま
    あべメンタルクリニック 院長 阿部輝夫 さま
    ナグモクリニック 東京院長 山口 悟 さま
    ヤスミクリニック 院長 木村知史 さま
    前 埼玉医科大学形成外科 高松亜子 さま
    エア ビューティー エージェンシー代表 門田正之 さま

問合せ先:性同一性障害をかかえる人々が、普通にくらせる社会をめざす会
TEL: 03-5715-2303
FAX: 03-5715-2703

詳しくは下記のURLを参照してください。
http://www.gid.jp/html/forum/info/index.html



 公的医療
2007年08月19日 (日) | 編集 |
ブラジル保健省は17日までに、性同一性障害者に対する性転換手術を、公的医療の適用対象にすると発表した。
 21歳以上で、国の医学倫理委員会が定めるガイドラインを満たし、2年以上のカウンセリングを受けたことなどが条件。各自治体の保健当局が条件を満たす希望者に優先順位を付け、指定病院での実施を決める。

時事通信社




病気に差別が合ってはならないと思う。
当事者だから思うことかもしれないけれども、軽症・重症に関わらず病気を治したいと思う人がいて、知識のある医師がいるならば、全ての病が保険適用になるべきだと思う。


風邪なら保険、GIDは自費。
その線引きは厚生労働省してんのかもしれないけど、病気に線を引く行為はおかしいよ。それに一体いつできた線引きなのか?新しい症状や新しい病気、新しい診療科が増えていくのだから、保険適用の線引きは毎年見直されるべきだと思う。(そもそも線引きを撤廃すべきだと思うけどね・・・)


SPAに掲載されていた記事で、虚偽の症状を申告をして障害者手帳を発行してもらい、保護を受けている人が多数いるという知りました。そう言う人に対しての厳しい見直しをすることで、実際に困っている人や治療が難しい病気への保障が出来ないのでしょうか?



 ホームページ更新しました
2007年07月21日 (土) | 編集 |
戸籍変更の記録クリニッ記Ⅳを更新しました。


GID治療の最終目標は個人個人違ってくるとは思いますが、イオの性別変更まで後一息です!
少しでも役に立てればなぁと思って記録をのこしております。



DoubleRainbow http://kissingcats.lovesick.jp/